女性の体臭対策、ありがちな落とし穴!!

間違った体臭対策していませんか?

外出先などで体臭が気になり、間違った体臭対策をしている女性が増えています。
間違った体臭対策は、臭いをさらに臭くする可能性があるので要注意。下記項目をしっかりと確認してみて下さい。

制汗剤の乱用してしまう

最近では制汗剤もロールオンタイプ、スプレータイプ等いろいろな種類が出ていますね。
いろいろなタイプの制汗剤を利用している女性も少なくないのではないでしょうか。
制汗剤にもいろいろな香りがあり、選ぶ楽しみもありますね。

しかし、ロールオンタイプはシトラスの香り、スプレータイプはフローラルなど統一性のない使い方をしてしまうと香りが混じってしまいます。
もちろん香りが混じっても問題ないこともありますが、相性の悪い香り同士だといい香りのはずが悪臭の原因になってしまうのです。

香りが混じってしまうことを防ぐためはどうすればいいでしょうか。
一つは無臭の制汗剤を利用することです。
無臭タイプであれば香りが混じる心配がありませんね。

もう一つの方法は、制汗剤の香りを統一させることです。
最近ではロールオンタイプ、スプレータイプ両方とも生産しているメーカーも多いので、ブランドで統一すると安心ですね。

臭いが気になる部分に香水をつけてしまう

お店や通販サイトではいろいろな種類の香水が販売されていますね。
脇の臭い等をカモフラージュするために香水を利用するという女性もいると思います。

注意してほしいことは汗のかきやすい部分に香水をつけないということです。
汗には皮脂が含まれています。
皮脂と香水が混じると成分が変わってしまい、香りが変わってしまいます。

さらに、香水はエタノールが含まれており、汗をかいて敏感になった肌に刺激となる可能性があります。
肌が荒れると雑菌も繁殖しやすくなり、さらに体臭を強くしてしまいます。

臭いが気になる脇などは汗をかきやすいところですね。
脇に香水をつけることは避けた方がよさそうです。

香水を楽しむには耳の後ろや手首などにつけることがおすすめです。

また、制汗剤と香水を併用する場合は制汗剤を無臭のものを利用し、香りが混じらないようにした方がよいでしょう。

まとめ

ここまで制汗剤や香水を利用する際の注意点をお伝えしてきました。

体臭対策の制汗剤や香水もつけすぎて、香りが強くなりすぎると悪臭になってしまいます。
くれぐれもつけすぎないよう気を付けて、いい香りの自分を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です